仕事内容について

 土地家屋調査士とは

建物を新築・増築・取壊しした時や、土地を分筆したい時、境界がよくわからない時など土地家屋調査士は業として行うことを認められている唯一の資格者です。

家を新築した  建物表題登記

建物を増築した  建物増築登記

建物を取壊した  建物滅失登記

土地の一部を売却する  分筆登記
一筆(1個)の土地を二筆(2個)以上の土地に分割する登記です。

畑・田・山林を宅地として利用している  地目変更登記
土地の用途を変更したときは変更後1ヶ月以内に地目変更登記の申請が必要です。

土地面積が登記簿と異なる  地積更正登記
現地を測量した結果に基づいて面積を直すので測量が必要とされます。

国有地の払下げを受ける  土地表題登記
今まで登記されていない土地をはじめて登記簿の表題部に載せる登記です。

数筆の土地を一つにまとめる  合筆登記
合筆登記には様々な制限がございますのでご相談下さい。