受け継がれる伝統の技とは・・・
 ひな人形は主に、男雛は衣冠束帯姿、女雛は唐衣裳(十二単)姿の人形が作られています。
頭、髪付け、手足、小道具などが、分業でそれぞれ熟練された職人によって、一点一点丁寧に、まごころを込めて製作されております。
 それらは最後に着付師のところに集められて人形が完成するという形をとっており、
なかでも頭や着付けは雛人形の命です。
 当工房も名匠・光映により、華やかさの中に、静かな気品をたたえる伝統のお雛様を丹誠こめて製作いたしております。
当工房では、 お人形・屏風・飾り台などオリジナルセットがお選び頂けます。   
◇手織正絹衣裳  
寸法:間口75×奥行43×高さ53.5cm
◇正絹金彩刺繍衣裳
寸法:間口82×奥行44×高さ39.5cm
◇龍村美術織物 早雲寺文台裂衣裳(正絹)
寸法:間口90×奥行45×高さ61cm

五月人形
◇鯉のぼり、各種
 取り揃えてございます。
兜飾りセット
鎧飾りセット
寸法:間口60×奥行44×高さ66.5cm
寸法:間口105×奥行69×高さ133cm
羽子板・破魔弓
 
 
 
★羽子板飾り・破魔弓飾りは、10月下旬より展示・販売致します。
★その他、空きケース各種・木目込材料なども取り扱っております。